防災歳時記 5月11日 濃霧の瀬戸内海に消えた不吉の船

防災歳時記 5月11日 濃霧の瀬戸内海に消えた不吉の船

 不吉な影を背負った船が、子供たちを霧の海に引きずり込んだ――。


 今日は5月11日。
 瀬戸内海では初夏の風情が漂い始め、小豆島のオリーブを柔らかな風がなぜている頃だ。
 普段は、温暖で穏やかな瀬戸内の海。


 しかし、その海が恐怖の海に豹変したことがある。


 今から58年前の昭和30年5月11日早朝、午前6時56分。
 香川県高松市の沖合4キロの瀬戸内海を航行中の国鉄・宇高連絡客船「紫雲丸」(1480トン)が、貨物船「第三宇高丸」(1282トン)と衝突した。


 当時、周辺海域には濃い霧が立ち込め、高松港の無線係は紫雲丸の出航前、二等運転士に「局地的な濃霧が発生するおそれがあります。視程は50メートル以下の見込みです」と伝えていたという。


 船には最新のレーダーが備えられ、事故の起こった女木島付近で両船が行き違うこともあらかじめわかっていた。にも関わらず、霧の中に浮かんでは消える船影にも十分な減速をほどこすことなく、2つの船は航行を続けた。


 衝突直後の混乱について、海難事故を裁く高等海難審判庁の裁決(昭和35年8月29日)は、次のように記している。


 「衝突と同時に紫雲丸においては、船内電燈が全部消え、また端艇甲板の無線室後部に非常用交流発電機が備えてあったが、起動する余裕がなく、船内放送、船内電話、無線電話等は使用不能となった。
 船長は、衝突後間もなく何等の指示を与えないまま、船橋右舷後部入口より端艇甲板に出て、損傷状況を確かめて船橋に引き返してくるとき、次席二等運転士とすれ違い、同人に『やったー』といって船橋に入り、その後その姿を見た者はなかった。」


あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年5月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。