チック症のサル作製に成功 発症メカニズム解明へ 京大など

チック症のサル作製に成功 発症メカニズム解明へ 京大など
京大霊長類研究所などの国際チームは、サルの脳を使って「音声チック」の症状があるサルの作製に成功。A:数秒ごとに異常な鳴き声を発した。B:発声中のサルの口元を写した画像(提供:京大)

 「んっ、んっ」などの咳払いや奇声を繰り返すことで知られる「音声チック」について、京都大学霊長類研究所などの国際チームは、ヒトの脳に似たサルの脳を使って、チック症のサルを作ることに世界で初めて成功した。発症メカニズムの解明し、治療法開発につながる成果として注目されている。


 チック症は子供に多くみられる神経発達障害で、18歳未満の0.1~1%の割合で発症する。まばたきや顔をしかめるなどの「運動性チック」と「音声チック」の二つの症状があり、深刻になると、公共の場所で奇声を発するなど社会生活に影響を及ぼすことから、治療法の開発が課題になっている。



 京大・霊長類研究所の高田昌彦教授などの国際共同チームは、前脳にある発声に関わる「側坐核」という部位に着目。ヒトと似た脳の構造を持つ「マカクザル」に、神経細胞に働きかける特殊な薬剤を投与して、興奮状態になるよう操作したところ、数秒ごとに異常な鳴き声を発する症状を示すようになった。



 この音声チックサルの脳活動を断層画像で解析したところ、認知機能に関わる「前帯状皮質」と、側頭葉にある「扁桃体」で、神経細胞が過剰に活発化していることを確認。発声運動に関わる一次運動野と側坐核、前帯状皮質の3つの部位で同時に活発化すると、音声チック症状が現れることがわかった。



 研究グループは「発生メカニズムの解明を通じて、3つの部位の神経活動を制御する、電気刺激などの新たな治療法の開発に結びつく」と期待を寄せている。なおこの研究成果は、米神経科学誌「ニューロン」電子版に掲載された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2016年1月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら