“かんじき”で描いた雪の芸術 仏アルプスに出現

“かんじき”で描いた雪の芸術 仏アルプスに出現
仏アルプスのスキー場レ・ザルクに出現した雪のアート(Simon Beck's Snow Art 公式 Facebookより)

 猛烈な寒波によって記録的な大となった1月、日本では停電や断水などの被害をもたらしたが、ここ仏アルプスのスキー場には、儚い雪のアートを生み出した。



 世界でただ一人の「雪の芸術家」と言われるサイモン・ベックさんが使うのは、「スノーシュー」と呼ぶかんじきのみ。



 これを履いてゴンドラやリフトでゲレンデの頂上の誰もまだ足を踏み入れていないエリアに単身乗り込んで、雪の結晶などさまざまな幾何学模様を足跡で描いていく。



 サイモンさんがキャンバスに選ぶのは、新雪が降ったばかりの雪原。専用の設計図などは一切持たずに、サッカー場2面から8面くらいの広いスペースをただひたすら歩くうちに、次第に図形が出現する。1つの図形が出来上がるまでの所要時間は、トータルで12時間以上に及ぶ場合もあり、歩行距離は20~30キロになることも…。



 標高3000メートル級の仏アルプス山脈に囲まれたレ・ザルクの湖畔近くの雪崩が起きたばかりのゲレンデに生まれた最新作は、地球温暖化に対するメッセージが込められている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2016年2月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら