南海トラフの発生確率 M8以上は30年以内に60〜70%

 政府の地震調査委員会は24日、東海から九州にのびる南海トラフでM8~9級の巨大地震について、今後30年以内に発生する確率は60~70%と公表した。



 調査委は従来、南海トラフを静岡・駿河湾周辺と紀伊半島沖、四国沖の3領域に分けて発生確率を予測していた。しかし、想定領域を超えて東日本大震災が起きた教訓から、今回は一部で発生したり、連動したりする可能性も含め、南海トラフ全域で統一して予測した。



 新たに試算した結果、大地震が発生する確率は今後10年以内なら20%程度、30年以内なら60~70%などとし、50年以内では90%程度以上と予測。調査委は「切迫性はかなり高い」としている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年5月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。