防災歳時記5月30日 テルアビブ空港乱射事件とテロの歴史

防災歳時記5月30日 テルアビブ空港乱射事件とテロの歴史

 今から41年前、1972年の今日5月30日。イスラエル テルアビブ近くのロッド国際空港で、「日本赤軍」を名乗る日本人3人が無差別乱射事件を起こし、乗降客ら26人が死亡、73人が重軽傷を負った。


 「テルアビブ空港乱射事件」


 パレスチナの解放とイスラエルへの報復が目的、というその無差別テロの実行犯3人のうち2人は、京都大学と鹿児島大学の学生だった。


 パレスチナ解放人民戦線(PFLP)と日本赤軍の重信房子(現在服役中)は共同で犯行声明を発表した。


 日本の大学生がなぜにパレスチナ解放?


「国際根拠地論」に基づき「世界革命」の理想を掲げた日本赤軍はレバノン ベカー高原での軍事キャンプを通じてPFLPと連携を深めていった。


 重要なことは、世界のテロ組織は相互に影響を受け合い、ある部分に共通の歴史や文脈を持って活動しているということだ。

 PFLPも含めパレスチナ民族解放運動には、1928年にエジプトで結成された「ムスリム同胞団」の思想が影響を与えている。


 ムスリム同胞団の理論的指導者サイイド・クトゥブは、教育省の官僚として渡米するが、彼が見たアメリカ文明は、粗雑で激越で美しくなかった。帰国した彼は西洋文明を拒絶し、「ムスリムの殉教」を支持する。


 その彼の思想が、現在の「イスラム主義」ひいては「イスラム原理主義」へ、そして「自爆テロの正当化」へと連綿と引き継がれている。


 このムスリム同胞団に、穏やかな性格の成績優秀な14歳の少年が入団した。アイマン・ザワヒリ。現在ではウサマ・ビン・ラディン亡き後のアルカイダの後継者にして、世界で最も危険視されているテロリストの一人となった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年5月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら