焼酎と間違って消毒用アルコールで酎ハイを出す 鳥貴族が謝罪

焼酎と間違って消毒用アルコールで酎ハイを出す 鳥貴族が謝罪
280円均一の低価格で人気の鳥貴族で、焼酎と間違えて消毒用アルコール製剤で酎ハイを提供(鳥貴族HPより)

 焼き鳥チェーン大手「鳥貴族」は、千葉県柏市の南柏店で先月、消毒用に使うアルコール製剤で酎ハイ151杯を作って、客に提供していたと謝罪した。同社によると「人体への影響はなく、現時点で健康被害などの届け出はない」という。


 鳥貴族によると、従業員が7月19日、酎ハイ提供時に使うドリンクサーバーに焼酎ではなく、誤って食品添加物アルコール製剤の入った容器を接続。


 直後からドリンクサーバーから出てくる酎ハイに異常があると客から指摘を受けていたが、同店ではドリンクサーバーに不具合があると勘違いして、23日にメンテナンスを実施。その際に、ドリンクサーバーに接続している原液が焼酎ではなく、サトウキビから精製された食品添加物アルコール製剤であることに気づいた。


 鳥貴族では、このアルコール製剤を手指の消毒用に使っていたが、焼酎と似た透明の容器に入っていたことから、見た目で区別がつかず、7月19日から23日までの期間中、151杯分の酎ハイが提供されたという。


 問題の発覚を受けて、同社では一目で焼酎と区別できる規格のアルコール製剤に変更し、食材と混同しないよう周知徹底した。


 また、期間中に同店で該当する酎ハイを飲んだ客には、返金に応じるという。


 この件に関する問い合わせ窓口は、050-8881-2798まで(平日:午前10時~午後5時)。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2016年8月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。