豪雨被災地で内閣府政務官おんぶされる「長靴忘れた」防災のプロなのに…

豪雨被災地で内閣府政務官おんぶされる「長靴忘れた」防災のプロなのに…
岩手県の豪雨被害現場で秘書官におんぶされていた務台政務官(内閣府より)

 台風10号の豪により氾濫した岩手県岩泉町で、被災状況の視察に訪れた務台(むたい)俊介内閣府大臣政務官が、同行の秘書官に背負われて水たまりを渡っていたことが明らかになった。菅義偉官房長官が12日の会見で「被災地や被災者への配慮に欠けた不適切な行為」として本人に注意したと述べた。


 務台政務官は、今月1日、台風10号による豪雨で川が氾濫し、高齢者施設の利用者らが命を落とした岩泉町を政府調査団長として訪れ、被災地を見て回った。その際に長靴を忘れて、冠水した道路を同行の秘書官におぶわれて渡るようすを、報道陣をはじめとする多数が目撃した。


 政務官は視察結果を報告した翌2日に、松本純防災担当相と今村雅弘復興相から強く注意を受け、今村復興相は10日、報道陣の前で「担当としておわび申し上げる」と謝罪する事態に発展した。


 菅官房長官は12日の会見で、松本防災担当相から報告を受けたこと述べて、「緊張感を持って引き続き職務にあたるよう指示した」と務台政務官に今後も職務を続行させる考えを明らかにした。


 務台政務官は11日、自身のブログで「マスコミで批判されている件について」とこの問題を取り上げ、「まことに配慮なき行動であり心から反省している。被災地の皆様の気持ちを逆なでしかねないのみならず(原文ママ)、地元の皆様にもご心配をおかけしてしまった」とコメントを発表している。


 務台政務官は、過去に消防庁の防災課長を務め、2003年に熊本県水俣市で起きた集中豪雨による土石流の被災現場を訪れるなど、防災のプロとしてのキャリアを買われ、衆議院議員2期当選を果たした2014年に、衆議院災害対策特別委員会の理事や党災害対策特別委員会の事務局長を歴任している。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。