尖閣諸島の領海侵入 中国海警局また4隻 国有化4年に合わせて

尖閣諸島の領海侵入 中国海警局また4隻 国有化4年に合わせて
海保が先月5〜9日にかけて撮影した中国の公船の動画より(提供:海上保安庁)

 中国・杭州で開催されたG20サミットの期間中は見られなかった中国海警局の船4隻が11日、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、日本の領海内に侵入するようすを海上保安庁の巡視船が確認した。


 菅義偉官房長官の12日午後の会見によると、中国海警局の船は、11日午前10時20分ごろから、相次いで尖閣諸島周辺の領海内に侵入。海保の巡視船が領海内から出るよう警告を続けると、午後0時11分ごろ、すべて退去したという。


 中国の公船による領海侵入が確認されたのは先月21日以来で、中国が議長を務めたG20杭州サミットの開催期間中は見られなかった。しかし、日本が尖閣諸島を国有化してからちょうど4年目にあたる11日に合わせて領海侵入を行ったのは、主権を主張する意図があるとみられている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。