「休み中に太る悲劇」…日独米3カ国のお国柄が明らかに

「休み中に太る悲劇」…日独米3カ国のお国柄が明らかに
休みが続くとつい気になるのが体重の増加だが…(画像はイメージ/撮影:akizouさん 提供:AC)

 今年のシルバーウィークは暦の関係から、連休が取りにくいが、なかには有給休暇をうまく取得して、長い休みを楽しんだ人も多いはず。そんななか、つい不安がよぎるのは、休み中に食べ過ぎて増えた体重のこと。


 米医学誌「The New England Journal of Medicine」に掲載されたフィンランド・タンペレ工科大学の研究によると、米国、ドイツ、日本3カ国に住む約3000人の被験者を対象に、2012年8月から1年間の体重の増減を記録してもらい、国別に比較した。


 その結果、3カ国では共通して、12月25日のクリスマスの前に比べて、クリスマスから正月休みにかけての10日間で、体重が急増することが明らかになった。


 とりわけ最も増加の幅が大きかったのは760人を調べたドイツで、クリスマス後の体重は実験開始直後の基準値より約0.8%増えていたという。ついで米国では約0.4%増、日本は約0.2%増で、これを体重に換算すると、平均してドイツでは0.8キロ、米国0.6キロ、日本でも0.5キロになった。


 一方、383人の被験者が参加した日本では、5月のゴールデンウィーク直後に、休み前と比べると体重が平均して0.3%ほど急増していたという。


 研究グループのエリナ・ヘレンダーさんによると、3カ国ではそれぞれの国の祝祭日の後に急激な体重の増加があり、休みが終わると半数の人は再び元に戻る傾向があると指摘。しかし残る半数は、体重が減るまでに時間がかかるとして、休み中の自己管理の必要性を訴えている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2016年9月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら