帰還困難区域内の共同墓地28カ所を除染

 復興庁と環境省は25日、お盆の時期に向けて、福島県大熊町の帰還困難区域にある共同墓地28カ所を対象に、除染と散乱した墓石の整理を行うと発表した。


 同地域の墓地は放射線量が高く、住民が手入れをすることができないため、今も多くの墓石が倒壊・散乱したままで放置されている。


 そこで8月のお盆の一時立ち入りに向けて、両省庁が分担して住民が安全に墓参できるよう、敷地内の除草・除染を行ない、散乱した墓石を移動・整理の作業を行なうもの。


 すでに10日に放射線量のモニタリングなど現地調査を実施し、一部については19日から除草・除染作業を進めている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年6月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら