青森と新潟の農場で鳥インフル 計32万6500羽を殺処分

青森と新潟の農場で鳥インフル 計32万6500羽を殺処分
今シーズンは各地で鳥インフルエンザの発生が報告されている(農水省の資料より)

 フランス料理で高級食材として使われる食用アヒル(フランス鴨)から、高病原性の疑いがある鳥インフルエンザウイルスが検出されたと青森県が28日発表した。県はこの農場で飼育されている1万6500羽の殺処分を始めた。


 青森県によると、青森市にあるこの農場では繁殖用と食肉用合わせて約1万6500羽のフランス鴨を建物9棟で飼育している。28日午前8時半ごろ、9棟中1棟で10羽が死んでいるのが見つかったとして、農場主から県の家畜保健衛生所に通報があった。農場では、今月25日以降、鴨の死亡が相次いでいて、28日までに計22羽が亡くなっている。


 家畜保健衛生所が遺伝子検査を行ったところ、同じ建物に飼われている弱った鴨5羽を含む10羽から「H5亜型」ウイルスの陽性反応が確認された。


 県は発生した農場の消毒と殺処分を進め、72時間以内に死骸を土に埋める作業を実施する予定。また、発生農場から半径3キロ範囲で鶏など計約1万4200羽を飼育している4軒の農場に対しては飼育している鳥や卵の移動を禁止し、10キロ範囲内の3軒には出荷停止を指示した。


 一方、新潟県は同県北部の関川村でも28日、鶏卵農場の鶏舎で40羽余りの鶏が死亡しているのが見つかり、遺伝子検査の結果、5羽から高病原性鳥インフルエンザ「H5亜型」と疑われる陽性反応が確認された。県ではけさから来月2日にかけて自衛隊も動員し、3100人体制で31万羽の殺処分を実施する。


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。