「ほっともっと」の弁当で44人がノロウイルスの食中毒 東京

「ほっともっと」の弁当で44人がノロウイルスの食中毒 東京
「ほっともっと」の弁当でスポーツ大会の運営スタッフ44人が食中毒(画像は電子顕微鏡で見たノロウイルス/東京都福祉保健局)

 東京・千代田区の弁当屋が横浜市内で開かれたスポーツ大会の運営スタッフ用に作った弁当を食べた44人が、下痢や嘔吐などの食中毒症状を訴え、複数の患者からノロウイルスが検出されたとして、千代田保健所は「ほっともっと神田錦町店」を3日間の営業停止処分にした。


 東京都福祉保健局によると、今月17日以降、横浜市で開かれたスポーツ大会で提供された昼食を食べた24歳から62歳までの男女44人が、相次いで下痢や嘔吐、発熱などの症状を訴え、医療機関を受診した。


 患者は、千代田区の「ほっともっと神田錦町店」が作った焼肉弁当や盛り合わせ弁当などを食べており、保健所で調べたところ、調理スタッフ2人と弁当店内からノロウイルスが検出されたことから、弁当が原因の食中毒と断定した。


 患者のうち、45歳の女性一人が入院したが、すでに退院しており、44人全員が回復に向かっているという。保健所は、この店を28日から3日間の営業停止処分とした。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュース

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「感染症」のニュース

次に読みたい関連記事「感染症」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュース

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。