真冬並みの寒気 冬型の気圧配置強まる 北日本や北陸で大荒れ

真冬並みの寒気 冬型の気圧配置強まる 北日本や北陸で大荒れ
1日昼ごろの札幌・南区の中山峠のようす(北海道開発局リアルタイムカメラ)

 寒冷前線の影響で北日本と東日本では、今夜からあすにかけて冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北、北陸ではを伴う非常に強い風が吹くおそれがあるとして、気象庁が警戒を呼びかけている。


 気象庁によると、ロシア極東の低気圧からのびる寒冷前線の影響で、1日夜からあすにかけて、北日本の上空に真冬並みの強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。


 このため、北日本の日本海側や北陸地方では、大気の状態が非常に不安定となって、1日夜から断続的に雪が降り、あす2日には暴風雪が吹いて、海は大しけになるおそれがある。


 2日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道の陸上で20メートル(35メートル)、東北地方の陸上で18メートル(30メートル)、北陸地方の陸上で20メートル(35メートル)、気象庁は、大雪による交通障害や雪崩に注意するよう呼びかけている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2016年12月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら