第十九巻 地震なんて知らんでおじゃる~そして貴族から武家社会へ

第十九巻 地震なんて知らんでおじゃる~そして貴族から武家社会へ

 平安時代というと、華やかな貴族が表舞台に立ち、十二単のお姫様が「おほほ」と和歌を詠むイメージがある。


 しかし、ノンビリとしたイメージとは違い、東北では千年に一度と称される「貞観地震」(第二巻に掲載)が869年に起きるなど、国土的には地震の活発期であった。平安中期の11世紀には、南海トラフ震源域で発生するM8クラスの東海・南海大地震も起きている。


 当然、公式の歴史書や有名貴族の日記などにこの地震の詳細が記されていてもよさそうだが、これが意外と少ない。
 理由として考えられるのは、中央政府の関心の低さだ。京都の平安京は、数々の大震災でもダメージが比較的軽微であったため、平安期が進むにつれ、地震への興味が薄れていった節があるのだ。


 貴族たちは、震災とは無縁だったからこそ、雅な文化を満喫できた。


 しかし、そのことが鎌倉以降の武士社会へと歴史を動かす、一つの要因にもなった。東海・南海大地震から、その移り変わりを見てみよう。


国が歴史書の編纂を放棄した!?

 11世紀の大地震とは、1096年の東海大地震と1099年の南海大地震のことだ。
 この大地震は、いわゆる南海トラフを震源としており、東西の断層があまりにも長いため、時期をずらして連動することも多く、当時も3年の間隔を置いている。


 そして、平安初期の貞観地震については、『日本三代実録』という公式の歴史書に詳細が記されているが、11世紀末の2つの大地震については、それがない。なぜか。


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年7月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら