名古屋港でもヒアリ確認 広州からの貨物船コンテナに7匹 東京・横浜でも…?

名古屋港でもヒアリ確認 広州からの貨物船コンテナに7匹 東京・横浜でも…?
名古屋港でも強毒のヒアリが見つかった(提供:環境省中部環境事務所)

 神戸港と大阪港で有毒アリの発見が相次いでいるが、愛知県は30日、弥富市の名古屋港でも貨物船のコンテナに付着したヒアリが確認されたと発表した。今月15日に中国・広州を出港した貨物船で、環境省は急きょ、東京港や横浜港など、コンテナの取り扱い量が多い港湾の調査を実施する。



 愛知県によるとヒアリが見つかったのは今月27日。名古屋港の鍋田埠頭コンテナターミナルから搬出するコンテナ上部に7匹のアリがいるのを作業員が発見し、殺虫剤で駆除後に、サンプルを鑑定に出した。



 その結果、環境省の中部地方環境事務所が30日昼前に強毒のヒアリと確認し、県と市と港の管理組合などを招集して緊急対策会議を開催。



 南米原産のヒアリは、体長2.5~6ミリ程度で、体の色は赤茶色をしている。国内種のアリを駆逐するおそれがあり、爬虫類や野鳥などの小型哺乳類も集団で襲うほど攻撃的だ。刺されるとアルカロイド系の強毒によって痛みやかゆみ、じんましん、発熱や激しい動悸などが起こり、場合によってはアナフィラキシーショックで昏睡状態に陥ることもあって、米国内では多数の死者を出している。



 国内でヒアリが発見されたのは今回で3例目。環境省は今後、国土交通省と協力しながら、東京港や横浜港、博多港など全国の7港で実態調査を行うことにしている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2017年6月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。