味噌由来の塩分なら血圧上昇が抑えられる!脳卒中を予防 広島大が発見

味噌由来の塩分なら血圧上昇が抑えられる!脳卒中を予防 広島大が発見
味噌由来の塩分なら血圧は上がらない!(画像はイメージ/AC)

 日本の伝統的な発酵食材、味噌。「味噌は医者いらず」という言い伝えがあり、がんの予防効果など医学的・栄養学的にさまざまな効果が認められているが、最近では、塩分の採りすぎを気にして控える人も多い。広島大学の研究グループは、塩分を含む味噌を食べていても、血圧の上昇を抑制し、脳卒中の予防効果があることをラットの実験で突き止めた。塩味を味噌に変えることで、脳卒中予防につながると期待されている。



 広島大の渡邊敦光名誉教授と吉栖正生教授らのグループは、脳卒中を起こしやすい高血圧のラット36匹を対象に、味噌から取った2.8%の塩分を含むエサと、同じ量の食塩を含むエサ、さらに食塩濃度が0.3%のエサを食べさせる実験を行った。



 63日間観察を続けた結果、高濃度の食塩を含むエサを与えたラットは、血圧が上昇して歩行不全などの脳卒中を発症。一方、味噌由来のエサを与えたラットでは、血圧は200mmHgと食塩濃度が低いエサを食べていたラットと変わらず、死亡率はわずかに高いだけで、明確な違いはなかった。



 異なる種類のラットで実験しても、食塩を多く含むエサを与えると血圧が上昇するが、味噌由来の塩分を同じ量摂取しても血圧が上がらないことが裏付けられたことから、味噌には血圧上昇を抑制する何らかの効果があることが判明した。



 ほかの研究者による調査で、味噌には、胃がん、肺がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんを予防する効果があることが明らかにされているほか、閉経後の女性にとっては、女性ホルモンと似たイソフラボンを多く含む食品を食べることで脳卒中や心筋梗塞が抑えられると国立循環器病研究センターから報告されている。



 広島大のグループは、日本人の死亡原因の上位を占める心疾患や脳卒中を引き起こす高血圧を抑制するうえで、味噌などの発酵食品から塩分を摂取することで生活習慣病やがんの減少につながるよう期待している。



 なおこの研究成果は、米国の医学誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・ハイパーテンション』に掲載された。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「味噌由来の塩分なら血圧上昇が抑えられる!脳卒中を予防 広島大が発見」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「味噌由来の塩分」米麹と大豆から塩分は作られないでしょ?味噌の仕込みでは驚くほどの塩を使う。塩と言っても合成から天然なで様々。実験で使った味噌の塩の品質が良かっただけでは?

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。