南鳥島沖レアメタル鉱区 15年間の独占探査権獲得

南鳥島沖レアメタル鉱区 15年間の独占探査権獲得

 経済産業省は20日、日本最南東端の南鳥島沖約600キロの公海域におけるレアメタル鉱区について、15年間の排他的な探査権を獲得したことを明らかにした。


 この鉱区は、コバルト、ニッケル、白金などのいわゆるレアメタル(希少金属)が含まれるマンガン団塊の一種、「コバルトリッチクラスト」と呼ばれる地層で、3000平方キロメートルにわたって、JOGMEC(独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が国際海底機構に探査鉱区として申請していたもの。


 公海上の鉱物資源の利用に関しては、国連海洋法条約により、国際海底機構の審査・承認が必要で、今回の鉱区は今後15年簡にわたりJOGMECが独占的な探査を行なう権利を取得した。


 日本の企業が公海域で排他的探査権を取得したのは、1987年(昭和62年)のハワイ南東沖でのマンガン団塊鉱区を取得して以来、26年ぶり。


 ハイブリッド車のモーターに使われるジスプロシウムなどの希少金属は、現在そのほとんどを中国からの輸入に頼っているが、南鳥島近海では排他的経済水域内でも世界最高濃度のレアアースを含む泥が海底から採取されるなどしており、その埋蔵量は国内消費量の数100年分にあたると言われている。


 

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 経済産業省 キャッシュレス
ハザードラボの記事をもっと見る 2013年7月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「経済産業省 + キャッシュレス」のおすすめ記事

「経済産業省 + キャッシュレス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「防衛省」のニュース

次に読みたい関連記事「防衛省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。