インフルエンザ流行 東京都内で「注意報レベル」超える

インフルエンザ流行 東京都内で「注意報レベル」超える
東京都内のインフルエンザ流行マップ(東京都)

 東京都は21日、都内のインフルエンザ患者報告数が「注意報レベル」を超えて、流行が広がっていると発表した。



 今月11日から17日までの1週間で、都内419カ所の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関あたり9人を超えた。



 さらに、都内に31カ所ある保健所のうち、10カ所の管内では、定点医療機関の患者報告数が10人を超えており、この管内の人口が東京都全体の4割を占めることから、都の福祉保健局は流行が「注意報」レベルを超えたと発表した。



 都内では今シーズンに入ってから、小学校保育所、社会福祉施設などで発生したインフルエンザの集団感染例は累計440施設で報告されている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2017年12月21日の社会記事
「インフルエンザ流行 東京都内で「注意報レベル」超える」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    関東人は咳やくしゃみを平気で浴びせてくる 病気流行マップが毎年真っ赤になってる理由が分かったよ 旅行で向こう方面に行く人は注意

    3
  • 匿名さん 通報

    老若男女問わず、口を押えない人が増えすぎ。そのうち刺されるぞ!!手で塞ぐスタイルではなく腕で塞ぐ海外スタイルが浸透してほしい。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら