火星にヘリコプターを飛ばす!NASAが2020年打ち上げ(動画) 

火星にヘリコプターを飛ばす!NASAが2020年打ち上げ(動画) 
火星にヘリコプターが飛ぶ日が来るかもしれない(NASA/JPL)

 火星への有人探査計画を構想している米航空宇宙局(NASA)は、2020年の探査機打ち上げ時に、小型ヘリコプターを運び、火星上空の飛行を目指すというユニークな計画を発表した。実現すれば、地球以外の惑星を初めて飛ぶヘリコプターになるというユニークなプロジェクトだ。



 NASAのジェット推進研究所(JPL)によると、このヘリコプターの大きさはソフトボールくらい、重さ1.8キロ未満と小さく、火星探査機「マーズ2020」の下部に取り付けて、2020年7月に打ち上げるという計画。到着は2021年2月の予定だ。



 プロジェクトチームによると、ヘリコプターの羽根は太陽電池で回転させるが、火星の大気は地球の1%と薄いため、高度1万2000メートルを飛行させることは、地球の成層圏(上空30km)を飛行するのと変わらず、超低気圧のなかを飛ばすためには、回転数を毎分約3000回に高速化させる必要があるという。



 当然、操縦士もいなければ、管制官がリアルタイムでコントロールすることはできないため、約7530万キロ離れた地球から信号を送信し、ヘリ本体がその指示を理解して、自律的に飛行できる機能が小さな機体に備わっている。



 マーズ2020は車輪付きの探査機で、火星に到着したあとは、ヘリを下ろして、その場を離れ、生命の痕跡や将来の有人探査計画に向けたデータを幅広く収集。ヘリコプターは太陽光パネルで充電しながら、マーズ2020が探査できない場所を上空から調査するという役割分担だ。



 NASAの発表によると、ヘリは今後、試験飛行を繰り返し、じょじょに飛行距離を伸ばしていく予定で、火星での最初の飛行は、高さ3メートルまで垂直上昇し、約30秒間のホバリングを目標としている。


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2018年5月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。