おっぱい吸えた!きょうだいの分も生きる赤ちゃんパンダ 和歌山(動画)

おっぱい吸えた!きょうだいの分も生きる赤ちゃんパンダ 和歌山(動画)
おふとんでスヤスヤ赤ちゃん(提供:アドベンチャーワールド)

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで14日夜に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんが、16日午後4時ごろ、自力で母乳を飲んだことが確認された。



 赤ちゃんは、出生時の体重が75グラム。同園で生まれたパンダのなかで最も小さく、自力で母乳を飲むことができないため、飼育スタッフが母親の「良浜(らうひん)」から搾乳したミルクを保育器のなかで与えていた。それと並行して、1日1~2回のペースで赤ちゃんを母親のもとへ返し、自力で母乳を飲むように促していた。



 すると16日午後4時ごろ、赤ちゃんが母親の母乳を飲んでいる姿が確認できた!生後2日目、この日の体重は64.4グラム。出生時より10.6グラム減っているが、ご安心を。パンダの赤ちゃんは通常しばらくは体重が減少する。人間の赤ちゃんと同じで、羊水のなかにいたときに取り込んでいた水分や栄養などが、生まれたあと自然に排出されるからだという。



 そして実はこの赤ちゃん、自分が生まれた29時間後に、双子のきょうだいが死産となっていた。亡くなったきょうだいの分までがんばる「お姉ちゃん」を、ハザードラボも引き続きあたたかく見守っていく!


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2018年8月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら