口永良部島が噴火 噴煙4000m 火砕流600m流下!

口永良部島が噴火 噴煙4000m 火砕流600m流下!
口永良部島が噴火し、火砕流が発生(気象庁)

 気象庁によると、29日午後5時13分、鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)で噴火が発生し、噴煙が火口上空4000メートルまで到達した。噴火は午後6時現在も継続しており、火砕流も発生している。

 噴火に伴って、火口周辺に堆積していた噴出物が高速で斜面を下り落ちる火砕流が発生。火口から集落がある南西側に向けて600メートル流れ落ちた。午後6時現在、火口の南西方向に火山灰が流されており、噴火から1時間以内に島の全域で火山灰が降ると予想されている。



 気象庁は火口から2キロ範囲では、弾道を描いて飛散する噴石や火砕流に警戒するともに、「傘やマスクなどで防灰対策をして、車を運転する際には徐行運転を心がけてほしい」と注意を呼びかけている。



■国内火山の最新情報は、ハザードラボ「火山マップ」でも更新しています。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。