日向灘でM6.3 宮崎と高知沿岸で海面上昇のおそれ「3月以降 プレート境界でM5級あいつぐ」

日向灘でM6.3 宮崎と高知沿岸で海面上昇のおそれ「3月以降 プレート境界でM5級あいつぐ」
日向灘で最大M6.3発生。余震あいつぐ(気象庁)

 気象庁によると、日向灘でけさ(10日)8時48分ごろに起きたマグニチュード(M)6.3の地震の影響で、対岸の宮崎県高知県の沿岸では、今後2~3時間程度、海面上昇が続くおそれがある。



 10日午前8時48分ごろ、日向灘を震源とするM6.3の地震が発生。この影響で宮崎県南部の平野部と山沿いで最大震度5弱の揺れを観測したほか、熊本県大分県、宮崎県、鹿児島県などで震度4、広島県愛媛県など西日本の広い範囲で震度3を観測した。

3月からM5級あいつぐ日向灘

 気象庁は午前8時53分に津波予報を発表し、宮崎県と高知県の沿岸では今後2~3時間程度、若干の海面変動が継続する可能性が高いとしている。



 日向灘ではけさ7時43分にもM5.6、さらに9時7分にもM4.9など断続的な地震があいついでいる。さらに3月27日には、プレート同士の境界でM5以上の地震が2回発生している。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年5月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。