小笠原諸島の硫黄島近海でM4.7「震源の深さ10km」津波なし

小笠原諸島の硫黄島近海でM4.7「震源の深さ10km」津波なし
提供:気象庁

 


 気象庁によると13日午前11時59分ごろ、小笠原諸島の硫黄島近海を震源とするマグニチュード(M)4.7の地震が発生した。



 震源の深さは約10キロで、津波の心配はない。この影響で、震源に近い小笠原諸島の母島で震度1の揺れを観測した。



■最新の地震情報の詳細は、地震情報マップでご覧ください。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年5月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。