中国産輸入わさび「基準値7倍超の農薬検出」大阪市が回収命令

中国産輸入わさび「基準値7倍超の農薬検出」大阪市が回収命令
中国から輸入したわさびから残留農薬(写真はイメージ)

 大阪市は12日、同市浪速区の貿易会社が、中国から輸入した生わさびから国が定めた基準値の7倍の農薬が検出されたとして、食品衛生法にもとづき、同社に回収を命じた。



 残留農薬が検出されたのは、大阪市浪速区の「明星貿易」が中国から輸入した冷蔵品の生わさび。関西空港の検疫所がモニタリング検査を実施した結果、食品衛生法で定められている基準値を上回る0.07ppmの「プロシミドン」が検出された。



 この農薬は植物のカビを防ぐ殺菌効果があり、国内でも野菜や果物の栽培に薄めて使う農家もある。食品安全委員会の実験では、ラットの肝臓や精巣に影響を及ぼすことが確認されている。



 わさびはもともと日本が原産だが、近年では雲南省や四川省、インドネシアなどでも栽培されており、加工用に輸入されている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年6月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。