千島列島ライコケ島「地獄の穴が95年ぶりに噴火」衛星ひまわりがとらえた!(動画)

千島列島ライコケ島「地獄の穴が95年ぶりに噴火」衛星ひまわりがとらえた!(動画)
気象衛星ひまわりがとらえたライコケ島の噴煙(NICT)

 東京の航空路火山灰情報センター(VAAC)によると、22日未明、千島列島ライコケ(雷公計)島の火山が95年ぶりに噴火した。



  カムチャツカ半島南端から300キロ南西に浮かぶライコケ島は、長さ2.5キロ、幅2キロほどの火山島で、中央にそびえるライコケ山の高さは551メートル。

アイヌ語で「地獄の穴」

 1778年の噴火は、山頂の3分の1が崩壊するほどの爆発規模だったことから、これがきっかけとなって2年後に千島列島の火山調査が実施された。歴史上、記録されている最後の活動は、1924年2月15日の爆発で、実に95年ぶりの噴火だ。



 島の名前は、アイヌ語で「地獄の穴(火口)」を意味する「ライ・コッツ・ケ」で、明治時代(1875年)に日本の領土になった。

 東京VAAによると、気象衛星ひまわりが22日午前0時ごろ、火山から噴出される噴煙を観測。現在も爆発は続いているもようで、東に向かって広がるようすがとらえられている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年6月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。