またもカムチャツカ半島沖でM6.4「千島海溝」津波の心配は?

またもカムチャツカ半島沖でM6.4「千島海溝」津波の心配は?
カムチャツカ半島沖でM6.4(USGS)

 日本時間26日午前11時18分ごろ、カムチャツカ半島沖の太平洋を震源とするマグニチュード(M)6.4の地震が発生したと米地質調査所(USGS)が発表した。



 USGSによると、地震が発生したのは東部ウスチ=カムチャツカから東に102キロ離れた沖合で、震源の深さは約10キロ。カムチャツカ半島沖では25日午後6時ごろにも、M6.3(M6.6から引き下げ)の地震が観測されているが、津波の心配はなかった。


千島・カムチャツカ海溝

 


 一連の地震の震源は、太平洋プレートが陸側のプレートの下に沈み込んで形成された「千島・カムチャツカ海溝」で、カムチャツカ半島東岸から千島列島南岸に平行し、北海道のえりも岬沖に連なる。



 この海溝沿いでは1900年以降、M7を上回る地震が50回程度観測されており、17世紀には東日本大震災に匹敵するM9クラスの超巨大地震も発生している。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年6月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら