埼玉県の70代女性「エボラ熱感染の疑いで入院」コンゴから帰国後発熱

埼玉県の70代女性「エボラ熱感染の疑いで入院」コンゴから帰国後発熱
エボラ出血熱ウイルスの電子顕微鏡写真(CDC)

 エボラ出血熱が猛威を振るっているアフリカ・コンゴ民主共和国に滞在歴がある70代の女性が、帰国後に39度以上の高熱を発して、医療機関に入院していることが明らかになった。厚生労働省が4日に発表した。



 厚労省感染症情報管理室によると、この女性は仕事で半年以上過ごしたコンゴ民主共和国から7月31日に帰国。検疫所の指示で、毎日2度にわたり、体温チェックを行なっていたが、今月3日の朝夕の検温時に38度を上回り、同日午後7時には39.2度まで上昇。

 現在は東京都内の医療機関に入院しており、検体を武蔵村山市の国立感染症研究所村山庁舎の検査施設に運び、エボラ出血熱の感染の有無を確認している。



 なお、患者はコンゴ民主共和国滞在中に、エボラ患者との接触はなかったと話しており、簡易検査の結果、マラリア感染は陰性だったが、インフルエンザA型の陽性反応が確認されている。



 アフリカ中部のコンゴ民主共和国では、昨年8月以来、北キブ州を中心に感染が拡大しており、7月31日時点で2713人が感染(疑い含む)、このうち1823人が死亡している。



 厚労省は検査結果が判明次第、公表するとしながらも、「現時点では感染が確認されていない。エボラ出血熱は発症段階で感染力を持つとされており、患者が搭乗した飛行機に同乗していた乗客の感染リスクは極めて低いと考えている」と見解を示している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年8月4日の社会記事
「埼玉県の70代女性「エボラ熱感染の疑いで入院」コンゴから帰国後発熱」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    この無責任な奴は帰国を許可させるなよ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら