福島第一の汚染水漏れ タンク底部に2ヶ所の隙間発見

福島第一の汚染水漏れ タンク底部に2ヶ所の隙間発見

福島第一原発の地上タンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東京電力は25日、タンク底の鋼板のつなぎ目で2ヶ所の隙間が見つかったと発表した。漏えいの原因の可能性が高いという。



20日に緩みが見つかったボルト5本とは別の場所。底部のつなぎ目に泡をかけ、外からポンプで吸引する検査を行なったところ、緩んでいた5本の周辺で変化はなかったが、底部の南端近くの隣り合う2本のボルト付近に泡が吸い込まれた。



底部のつなぎ目では、鋼板と鋼板の間に止水剤をはさみ、ボルトで締めた上にシーリング材で覆っているが、何らかの原因で2本のボルト付近に隙間が生じたとみられる。



東電は、この隙間から汚染水が漏れた可能性が高いとみて、引き続き調査している。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年9月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら