蚊が媒介の「東部馬脳炎」50代が死亡 殺虫剤を空中散布 米国

蚊が媒介の「東部馬脳炎」50代が死亡 殺虫剤を空中散布 米国
蚊が媒介する「東部馬脳炎」とは?(Rhode Island DEM)

 蚊が媒介するウイルスによって、最悪の場合、脳炎を発症して死に至る「東部馬脳炎(EEE)」が、米北東部であいついで発生し、50代の患者がひとり死亡した。米国では年間平均して7人が感染するという極めて珍しい病気だ。



 東部馬脳炎が流行の兆しを見せているのは、ボストンとニューヨークにはさまれた米北東部ロード・アイランド州。州政府保健局(RIDOH)によると、この患者の感染が明らかになったのは先月30日、しかし治療の甲斐なく、今月8日に死亡したという。


東部馬脳炎とは

 厚生労働省によると、東部馬脳炎はヤブ蚊によって媒介するウイルス性の感染症で、潜伏期間は3~10日、高熱や悪寒、倦怠感、筋肉痛など風邪に似た症状が出るが、1~2週間で回復することが多い。しかし、脳炎を発症すると重症化して、昏睡や死亡に至る。



 脳炎は50歳以上の中高年や、15歳以下の子供に起きやすく、脳炎を発症した患者の致死率は33%以上と高く、50~75%に達するという報告もある。死を免れた場合でも、生残者の半数は一生、神経学的な後遺症に苦しむという。

隣の州でも馬や人があいついで感染

 ロード・アイランド州保健局によると、近隣のマサチューセッツ州やコネチカット州でも計4人が感染し、9頭の馬でウイルスの陽性反応が確認されているが、患者の死亡は今年初。患者の死亡を受けて、州内の多くの自治体で蚊を捕獲し、サンプル調査を実施した結果、広い範囲でウイルスを持つ蚊が見つかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年9月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら