阿蘇山が噴火 噴煙1200m上昇 7日以降活動活発

阿蘇山が噴火 噴煙1200m上昇 7日以降活動活発
きょうの阿蘇山噴火のようす(気象庁)

 熊本県の阿蘇山は、21日午後12時50分、中岳第一火口で噴火が発生し、現在も白っぽい噴煙が上昇中だ。



 阿蘇山では今月7日以降、噴火が続いており、17日夜には中岳第一火口内で噴石が一時的に噴出するようすも確認されているうえ、火口内の溶岩の色が上空の噴煙に映えて赤く輝いて見える火映現象も目撃されている。

夜間には火映も

 きょう午後12時50分に発生した噴火では、噴煙の高さが上空1200メートルまで上昇するのが確認されている。火口から西方向に流された火山灰は、阿蘇市や大津町、菊陽町、高森町、西原村、南阿蘇村、御船庁、益城町に降ると予想されている。



 気象庁によると、地下のマグマや水蒸気の動きを示す火山性微動は、変動を繰り返しながら振幅の大きな状態が続いており、二酸化硫黄を含む火山ガスの1日の放出量は、今月半ばの時点で4200~4500トンと非常に多い状態だという。

警戒レベルは2を維持

 


 GPSを使った地殻変動の観測では、地下深くにマグマだまりがあると考えられている草千里周辺で、先月上旬から山体が縮む傾向が続いており、火山活動が高まっているという。



 気象庁は引き続き、噴火警戒レベル2を維持して、中岳第一火口から約1キロ範囲への立ち入りを禁止するとともに、噴石の飛散や火砕流に警戒するよう呼びかけている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年10月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。