JA直売所のキノコが毒キノコだった! 家族5人が食中毒

記事まとめ

  • JA直売所で購入したキノコを食べた家族が病院に入院していた。
  • マツシメジと表示されたキノコが、有毒のカキシメジである可能性が判明。
  • 家族5人のうち3人が入院したが、いずれも回復に向かっている。

JA直売所のキノコですき焼き「毒だった!」家族5人が食中毒 石川県

JA直売所のキノコですき焼き「毒だった!」家族5人が食中毒 石川県
有毒のカキシメジがJA直売所で売られていた(石川県「いしかわきのこ図鑑」農林水産部農林総合研究センター林業試験場)

 今月4日、石川県小松市のJA直売所で購入したキノコをすき焼きに入れて食べた家族5人が、直後に嘔吐して病院に入院していたことが明らかになった。保健所の調査で食用の「マツシメジ」と表示されたキノコが、有毒の「カキシメジ」である可能性が判明した。



 食中毒が発生したのは、小松市農業協同組合が経営するJAあぐりで、今月4日に販売した「マツシメジ」と表記したキノコ1パックを購入した小松市在住の家族が、当日の夕食にすき焼きに入れて食べたところ、4歳から60代の家族5人が数回にわたって嘔吐したという。



 家族全員が病院を受診し、うち男性2人と女性1人が入院したが、いずれも回復に向かっている。病院からの連絡を受けた南加賀保健福祉センターは調査を行い、有毒のカキシメジの可能性が高いと判断。

 JAあぐりに対して、自生して採取したキノコの販売を3日間停止するよう命令するとともに、キノコ類の選別を徹底するよう指導した。



 石川県によるとカキシメジはカサの大きさが直径3~8センチ程度で、赤褐色から栗色、黄褐色をしている。秋にブナやコナラ、クヌギなどの雑木林に群生し、食べると食後30分から3時間以内に、頭痛や嘔吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こす。食用のチャナメムツタケともよく似ているが、県内で過去10年間にカキシメジによる食中毒の報告はない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2019年11月7日の社会記事
「JA直売所のキノコですき焼き「毒だった!」家族5人が食中毒 石川県」の みんなの反応 1
  • JAともあろうものが。 通報

    ..野生のキノコ類を甘く見ない方が良い。一度でも顕微鏡を覗いて同定を試みた者なら、安易に食さない。ましてや、他人に食べさせない。似て非なる菌種(未記載新種)は多いし、虫もうじゃうじゃいる。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュース

次に読みたい関連記事「ノロウイルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「感染症」のニュース

次に読みたい関連記事「感染症」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュース

次に読みたい関連記事「脳梗塞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。