小笠原諸島・西之島が5日間で面積拡大 国土地理院が地形変化を解析

記事まとめ

  • 小笠原諸島の西之島で、今月5月以来、活発な火山活動が続いている。
  • 国土地理院の分析の結果、わずか5日間で面積が拡大していることが明らかに。
  • 専門家は22年前の活動期を上回る可能性を指摘している。

西之島「わずか5日でグングン成長!」国土地理院が地形変化を解析

西之島「わずか5日でグングン成長!」国土地理院が地形変化を解析
12月6日から20日にかけての西之島の地形変化(地球観測衛星だいち2号/国土地理院)

 小笠原諸島の西之島では今月5日以来、活発な火山活動が続いているが、国土地理院が地球観測衛星だいち2号がとらえた最新のレーダー画像を分析した結果、たった5日間で面積がさらに拡大していることが明らかになった!



 西之島は15日に海上保安庁が3度目の観測を行っているが、その際、火砕丘の北側山腹に新しく3つ目の火口が開いているのを確認。山頂の中央火口と、東側の火口からも噴火が続いていて、専門家が「マグマの供給量が多い」として、2年前の活動期を上回る可能性を指摘している。

 国土地理院が、今回の噴火以前からの衛星データを比較した結果、溶岩の流出が確認された6日から20日までの2週間で、東西の幅が広がり、地形が大きく変わっていることが確認できた。



 地理院は海保の観測に合わせて、15日にもレーダー画像を比較しているが、そこからわずか5日間で海岸線まで到達していた溶岩流がさらに広がっていることがわかるという。



 今後、詳しく分析を重ねることで、溶岩流による地形や面積の変化が明らかにされるはずだ。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「西之島「わずか5日でグングン成長!」国土地理院が地形変化を解析」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    いいね。

    4
  • 匿名さん 通報

    地球は生きてるんだな。

    3
  • 匿名さん 通報

    嬉しい限りですね。

    3
  • 匿名さん 通報

    伊豆諸島はSAR軍事衛星レーダー攻撃に注意だろ?南海トラフ、相模トラフも軍事衛星レーダー攻撃で死人が出てるな?気違いな安倍内閣だ、統一協会も内閣入り多数で逮捕者出るらしいな?

    3
  • 匿名さん 通報

    マグマ沸騰させてるなよ気違いSAR

    2
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。