ポップコーンの悲劇 歯にはさまった消防士 心臓病で緊急手術!英国

ポップコーンの悲劇 歯にはさまった消防士 心臓病で緊急手術!英国
ポップコーンの悲劇

 歯の間に食べ物のカスが詰まるのは不快なものだが、英国の41歳の消防士は、自宅のリビングで映画を見ていたとき、左の奥歯にはさまったポップコーンが三日間抜けず、一週間後に心内膜炎を発症した!



 英国南西部コーンウォール地方で消防士として働くアダム・マーティンさんは昨年9月末、妻のヘレンさん(38歳)と自宅で映画鑑賞中、奥歯の間にポップコーンがはさまった。

針金でも取れない

 爪楊枝を使ってもなかなか取れず、ボールペンのキャップや針金、しまいには金属のフックを使って何とかして取り除こうと試みたが、三日たってもポップコーンは口の中にへばりついたまま。最後には歯茎から血が出てズキズキ痛むようになってきた。



 そのうち治るだろうと高をくくって、歯医者に行くこともなかったが、1週間後、アダムさんは夜中に大量の寝汗をかくようになり、慢性的な疲労感を感じ、頭痛がひどくなったので近所の診療所へ…。



 そこで「心臓に軽い雑音がある」と診断され、血液検査とレントゲン検査を受けたが、CRP値がわずかに高くなっていて、体内で炎症が起きていることがわかったが、精密検査の勧めを無視して再び1週間が経過。

足の親指の裏に痣

 それでも高熱が出て、インフルエンザのような症状が続くため、さすがにプリマス市の大学病院にかけつけたところ、医師が左足の親指にできていたホクロのような痣を見て、「ジェーンウェイ斑だ」と指摘。直径5ミリ以下で痛みはないが、心臓や循環器が細菌に感染すると、手のひらや足の裏など、身体のほかの部分に現れる病変だ。


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。