防災歳時記12月22日 ホワイトクリスマスなんていらない?

街にイルミネーションがきらめくこの季節、天気予報を見ては「ホワイトクリスマスにならないかなぁ」と期待する人も少なくないだろう。



ただ、もし期待を上回りすぎる雪が降ったら……。



今から8年前の今日12月22日、全国各地で「もう勘弁して」と言いたくなるほどの大雪に見舞われた。いわゆる「平成18年豪雪」だ。



気象庁の3ヶ月予報では「暖冬」と見込まれていた2005年。しかし、その予想は12月上旬、強い寒気が流れ込んだことで早々に覆り、太平洋側で12月4~6日にかけて相次いで例年より早い初雪を観測した。岐阜県郡上市では119センチの積雪があったほどだ。



その後も断続的に強い冬型の気圧配置が現れ、12月中に歴代最深積雪の記録を更新する地点が続出。例年、雪のピークは1月後半から2月で、12月の記録更新は珍しく、連日雪のニュースが新聞やテレビを賑わした。

そして、クリスマスも間近に迫った12月22日、再び強い寒波が流れ込み、天気予報図は雪だるまのマークでいっぱいに。鹿児島市で観測史上最高の11センチの積雪があった他、宮崎市でも1センチの雪が積もった。



この大雪、しんしんと降るなどという可愛らしいものではなく、九州北部から東北の日本海側を中心に暴風が吹き荒れ、まるで横から叩きつけるような「吹雪」だった。金沢市と新潟市では最大瞬間風速33メートルを観測している。



暴風雪の影響で、新潟市など下越地方では送電線がショートし、午前8時過ぎから最大65万戸で停電が発生。新潟県内の総世帯数が約87万と聞けば、どれだけ大規模だったか想像できるだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年12月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。