防災歳時記1月7日 七草粥と死刑制度

防災歳時記1月7日 七草粥と死刑制度

 1月7日と言えば、『七草粥』。


せり、なずな、、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ


 新年の無病息災を願い、7種類の若菜を入れた粥を食べるわけだが、子どもの舌には「しんどい食べ物」だった。


 なにせ、「なずな」に至っては、あの「ぺんぺん草も生えない」なんてセリフでおなじみの「ぺんぺん草」が別名。


 そんな例えに使われるぐらいだから、子どもにとっては美味しいわけがない。


 この風習は江戸時代に庶民に広まったらしいが、元々は中国古来の伝統。


 前漢の時代には、元日はにわとり、2日は狗(いぬ)、3日は猪(ぶた)、4日は羊、5日は牛、6日は馬を殺さない日としていた。


 そして7日は「人日(じんじつ)の節句」とし、「人を殺さない日=犯罪者に対する刑罰を執行しない日」と定め、またこの日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜のスープを食した。


 これが日本に伝わって、現在の「七草粥」となったとのこと。

 「犯罪者に刑罰を執行しない日」と言えば、昨年(2013年)12月12日に、中国人留学生強盗殺人事件の加賀山領治死刑囚(63)と新潟県連続殺人事件の藤島光雄死刑囚(55)の2人の死刑が執行され、年間の死刑執行数は合計8人となった。


 安倍政権下での死刑執行が加速していると指摘されている。


 現在、世界各国の主流は「死刑廃止」。


 世界198カ国のうち3分の2以上の国では死刑が廃止され、死刑を存続している日本と米国は、アムネスティや国連、EU諸国などから批判を受けている。


あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年1月7日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。