南太平洋パプアニューギニア沖でM7.5の地震

米地質調査所(USGS)によると、19日午後10時28分ごろ(日本時間)、南太平洋のパプアニューギニア沖でM7.5の地震が発生したもよう。



この地震の震源地は、パプアニューギニア東部のブーゲンビル島パングナから南西へ約75キロの沖合で、震源の深さは約30.9キロ。



太平洋津波警報センター(PTWC)は、この地震でパプアニューギニアとソロモン諸島に津波の発生の可能性があるとして、警戒を呼びかけている。



なお、気象庁は日本への津波の影響はないとしている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年4月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら