福島第一 地下水560トン海へ放出開始

 東京電力は21日午前、福島第一原発のバイパスした地下水560トンの海への放水を開始した。


 これは建屋の山側に掘った12本の井戸からくみ上げた地下水で、いったん貯蔵タンクに貯め、放射性物質が基準値を下回っていることを確認した後に「バイパス配管」を経由して、1~4号機南側の海へ放出するもの。


 今日放出された560トンは4月にくみ上げた分だが、現在1~4号機建屋には1日約400トンの地下水が流れ込んでおり、この「バイパス計画」により、1日あたり数10トンの汚染水を減らすことができると東電では見込んでいる。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年5月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。