17日のPM2.5 北海道や東北北部で高濃度のおそれ

 17日午前のPM2.5濃度は、西日本方面を中心に環境基準値(35マイクログラム/㎥)をやや超えているところが多くなっている。現在、注意喚起を発表している自治体はない。


 17日午前7時現在の各地のPM2.5測定値は、高知県吾川郡いの町と大分県大分市で44マイクログラム/㎥、神奈川県横浜市青葉区で40マイクログラム/㎥などとなっており、西日本方面を中心に比較的広範囲で環境基準値(35マイクログラム/㎥)をやや超えているところが多くなっている。


 今日は、本州付近の上空を流れるが弱く、汚染物質が滞留しやすい。このためPM2.5濃度は、沖縄地方で低い(35マイクログラム/㎥以下)予想となっている他は、全国的にやや高い(35超~50マイクログラム/㎥以下)ところが多く、北海道と東北北部ではさらに濃度が高く(50超~70マイクログラム/㎥以下)なるおそれがある。


 明日の濃度は、沖縄地方では引き続き低い(35マイクログラム/㎥以下)予想だが、その他はやや高い(35超~50マイクログラム/㎥以下)ところが多いとみられる。また、日中は北海道や関東・中国・四国・九州北部地方で高く(50超~70マイクログラム/㎥以下)なるところがある見込み。


 PM2.5については、国の基準値である1日平均値で35マイクログラム/㎥を超えた場合、呼吸器系およびアレルギー疾患のある人を対象に、外出時のマスク着用、また帰宅時の目洗い、うがいなどを促している。


 PM2.5の1日平均値が70マイクログラム/㎥を超過した場合にはすべての人を対象に、外出や激しい運動を控え、部屋の換気などを最小限にすることなどを呼びかけている。


■各地方の詳細情報については、PM2.5マップでご覧ください。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年7月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら