熊本の高校生 ゲーム会社にDDos攻撃容疑で書類送検 全国初

 警視庁サイバー犯罪対策課は18日、オンラインゲーム会社のサーバーに大量のデータを送りつけてサービスを停止させる「DDos攻撃」で業務を妨害したとして、熊本市の男子高校生(16)を東京地検に書類送検した。同課によると、DDos攻撃の疑いでの検挙は全国で初めてという。



 この高校生は、3月19日の夕刻から20日未明にかけて、東京のオンラインゲーム会社「ゲームオン」のサーバーに計33回・1億6400万パケットもの大量のデータを送りつけるDDos攻撃を仕掛け、オンラインゲームが約9時間ほど接続不能になるなどの業務妨害をしたとして「電子計算機損壊等業務妨害」の疑いで書類送検された。



 男子生徒はゲーム上のトラブルから利用を停止されており、ゲームの運営に不満があったなどと供述し、容疑を認めているという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年9月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。