ヤマト「クロネコ」サイトに不正ログイン 情報1万件流出か

ヤマト運輸は26日、運営する会員制Webサービス「クロネコメンバーズ」に外部から不正ログインがあり、会員の氏名や住所、メールアドレスなど1万件を超える個人情報が閲覧された可能性があると発表した。



同社によると、25日に特定のIPアドレスからの不正ログインを確認。緊急措置としてこのアドレスからのアクセスを遮断し、調査したところ、26日午後5時までに1万589件の不正ログインを確認した。試行件数は約19万件に上っていたという。



不正ログインで使われたIDやパスワードには同社サービス以外のものが多数含まれ、他社サービスから流出したIDなどを使った「リスト攻撃」によるものとみられる。



閲覧された恐れのある会員情報は、氏名や住所、クロネコIDの他、メールアドレス、電話番号、性別など。同社は、不正ログインされたIDはパスワードを変更しなければ使用できないよう対策を講じ、対象の会員には個別に案内するとしている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年9月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら