3日夜 西日本各地で巨大な流れ星 「火球」の目撃情報相次ぐ

3日夜 西日本各地で巨大な流れ星 「火球」の目撃情報相次ぐ
3日夕方6時前、九州や広島など西日本各地で巨大な流れ星「火球」が観測された。(写真はTwitter@oi_sagaさんのアカウントより)

 3日午後5時55分ごろ、強い光を放ちながら南西の空を移動する流れ星の目撃情報が、中国や九州各地で相次ぎ、インターネット上で話題になっている。


 3日午後5時54分から56分ごろ、福岡や広島、松山など西日本各地で、緑色の光を放ちながらオレンジ色の尾を引いて南西の空を移動する物体の様子が観測された。


 熊本県八代市にある「八竜天文台」の職員によると、「午後5時54分、東南東の空に浮かぶ月の近くに金星よりは明るい点が突然現れ、音もなくどんどん接近し、天文台のほぼ真上を通過して、猛スピードで西の空へと消えていきました。落下したというより15度くらいの高さで見えなくなりました」などと報告している。


 各地の天文台には「航空機の事故」の可能性や「隕石か?」などと問い合わせる電話が殺到。国立天文台などの専門家によると、この現象は小惑星などのかけらが大気圏に突入して燃える際に光る「火球(かきゅう)」と呼ばれる流れ星の一種で、「落ちていったとしても地上に到達する前に消滅した可能性が高く、地上への影響は少ないだろう」と話している。


 3日は三連休の最終日とあって、行楽地からの帰りに運転する車中で目撃した情報も多かったという。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年11月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら