練習中に流血負傷のフィギュア羽生選手 涙の2位獲得

 中国・上海で開催されたフィギュアスケートGP第3戦で8日、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手が本番直前の練習で閻涵(エンカン・中国)選手と激突して流血負傷を負いながら、直後のフリープログラムに出場して2位に入賞した。


 前日のショートプログラムで2位(82.95ポイント)につけていた羽生選手が突然のアクシデントに見舞われたのは、まさに本番直前のこと。6分間のウォームアップ中に中国のエンカン選手と激突し、頭やアゴを負傷、流血する事態となった。


 その後、医師の診察を受けてフリープログラムの本番に挑んだが、両者ともジャンプを繰り返し失敗するなど精彩を欠く展開に。それでも演技後は会場から惜しみない拍手がおくられ、羽生選手は合計237.55ポイント(フリーは154.60ポイント)を獲得して2位に入賞し、点数が発表されたときには号泣して顔を覆うシーンなどが見られた。


 主催者の国際スケート連盟(ISU)によると、衝突後の羽生選手は「すぐにでも演技に挑みたい意志を持っていて、ケガによる脳しんとうの兆候もなかったため健康面での問題はない」と判断したとのこと。


 なお、優勝はショートプログラムでも1位だったマキシム・コフトゥン(ロシア)が輝いている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2014年11月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら