耐震化73% 地震時の拠点病院を調査 厚生労働省

 厚生労働省は29日、地震発生時の医療拠点となる671病院で耐震化を調査した結果、73.0%が基準を満たしていると発表した。東日本大震災前の平成22年度に行われた前回調査よりも6.8%上がった。


 地震発生時に医療拠点となる災害拠点病院ならびに救命救急センターを持つ病院では、患者の安全確保のため、建物の耐震基準が設けられている。今回の調査では490病院(前回は417病院)ですべての建物に耐震化が備えられており、全く耐震性がなかった病院も前回の7病院から3病院へ改善した。


 今後、同省では、平成21年度から平成24年度までの補正予算等での交付金によって、約9割までの耐震化導入が進むとしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年3月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュース

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら