11日にかけて全国的に黄砂に要注意

 気象庁によると11日にかけて、日本にまとまった黄砂が飛来する予想となっている。日本列島を暴風雨を伴った低気圧が駆け抜けた週末、大陸の砂漠地帯で砂嵐が発生した。
 気象庁の8日午前9時発表の黄砂予測図によると、地上付近の黄砂の濃度が高まるのは9日夜からで、10日には日本列島全体にエリアが広がる。九州地方や南西諸島では、11日まで影響が残りそうだ。
 大気中の黄砂や汚染粒子を観測している九州大の「SPRINTARS 大気エアロゾル予測」によると、9日夜に近畿地方で、PM2.5などの大気汚染粒子の量が環境汚染基準値程度の「多い」予想となっている。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2013年4月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。