福島第一 また汚染水漏れ 750トンが流出

福島第一 また汚染水漏れ 750トンが流出
東電福島第一原発のタンクエリア付近で新たに750トンの汚染水漏れがわかった。(提供:東電)

 東京電力は10日、福島第一原子力発電所で高濃度の放射性物質を含む汚染水が新たに747トン流出していたと発表した。


 
 東電によると、10日午前6時24分頃、福島第一原発のH4タンクエリア周辺をパトロール中の社員が、タンクを囲む堰(せき)の内側にたまっていた雨水が、前日夜の確認時に比べて水位が下がっていることを発見。



 当時、堰のバルブは閉じたままであったことから調べたところ、堰とアスファルトの継ぎ目などから、合わせて747トンの汚染水が漏れていることがわかった。


 この流出で、ベータ線を出す放射性物質が最大で1リットルあたり8300ベクレル検出されたという。東電は「汚染水の港湾外への流出はない」と説明している。

あわせて読みたい

ハザードラボの記事をもっと見る 2015年3月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら