国内初のレッドマウス病 サケの稚魚13万匹が死ぬ 石川県

国内初のレッドマウス病 サケの稚魚13万匹が死ぬ 石川県
石川県の水産施設で飼育されているサケの稚魚が「レッドマウス病」に感染し13万匹が死んでいることがわかった。(画像は「レッドマウス病」農水省HPより)

 石川県の水産総合センターで放流用に飼育されていたサケの稚魚が、口の中が皮下出血して赤くなる「レッドマウス病」に国内で初めて感染し、計13万匹死んでいたと、県が10日発表した。



 国の特定疾病に指定されている「レッドマウス病」は、サケやニジマスなどサケ科の魚類が感染し、口の中やあごの周辺が皮下出血で赤くなるほか、腸からも出血する細菌性の感染症だ。1950年代に米国での発生が確認された以降は、豪州やヨーロッパ、中国などでに感染が広がっているが、日本国内ではこれまで発生報告はなかった。



 石川県によると今年2月上旬、水産総合センターで孵化放流用に飼育していたシロザケの生簀(いけす)の一部で、稚魚の死亡率が通常よりも高い4%程度に達したことから、簡易検査をしたところ、レッドマウス病の病原体が検出された。



 その後の確定診断でレッドマウス病であることを確認。14ある全ての生簀の稚魚約140万匹を殺処分し、飼育施設を塩素消毒した。県によると、稚魚は他の養殖場や市場へ流通しておらず、人への感染や感染した魚を食べたことによる人体への影響は報告されていない。県では感染経路の特定を急いでいる。



 農水省によると、サケ・マスの人工孵化放流を行っている北海道から富山県までの6道県では、放流用のシロザケの稚魚に異常は確認されていないという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 石川県 お土産
  2. 石川県 イベント
  3. 石川県 グルメ
ハザードラボの記事をもっと見る 2015年3月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「石川県 + 観光」のおすすめ記事

「石川県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

「石川県 + イベント」のおすすめ記事

「石川県 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福井県」のニュース

次に読みたい関連記事「福井県」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら