ピカソの逸話 30秒で描いた絵の値段が100万ドル その訳に考えさせられる

フランスで制作活動をしていた画家パブロ・ピカソ
誰でもその名前を聞いたことがあるかと思います。

年代によって描く絵が大きく変わるピカソは、様々な手法に挑んでいました。



ただ、どの時期であろうと人々を魅了させ、飽きさせない絵であることに変わりません。
それが、ピカソをここまで有名にした一つの理由ではないでしょうか。

今回はそんなピカソと、ある女性の有名なエピソードをご紹介します!

ピカソと ある女性のやり取り
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、1人の女性が彼を呼び止めました。
彼女はピカソの大ファンだといい、用意した紙に「絵を書いてくれないか?」と尋ねます。

その言葉に微笑みを浮かべ、ピカソは小さくも美しい絵を描き始めました。
そして・・・「この絵の値段は100万ドルです」と女性に言い、絵を渡しました。



それを聞いて驚いた女性は「この小さな絵を描くのに、あなたは『たった30秒』しかかかっていないではありませんか」と言葉を返します。

その言葉を聞いたピカソは苦笑しながら「お嬢さん、それは違う。30年と30秒だ」と言います。
この女性に「30年と30秒だ」とピカソがいった真意とは・・・

30年と30秒の本当の意味とは
確かにこの絵を描いた時間は30秒かもしれません。
しかし、そこに至るまでにピカソは何十年と技術を磨き続けてきたのです。



価値というのは、その人物がそこまで積み上げてきたものも含まれているのです。
ピカソが言おうとしていることは、何かを作る全てのクリエイターに当てはまることです。

このピカソの話にツイッター上でも、「アートの価値について考えさせられる」と多くの声があがっています。

ピカソのエピソードに考えさせられる
クリエイティブな作品を作業時間で測ることほど、ナンセンスなことはありません。





同じ内容の発言をしたとてしても、人により説得力が全然違うことがあります。
それも今回のケースと同じで、「積み重ねてきたか、そうでないか」というところにあるのではないでしょうか。

あなたは、このピカソのエピソードをどう捉えたでしょうか?

100人の 20世紀 ピカソ 1/2

出典 YouTube

あわせて読みたい

Heaaartの記事をもっと見る 2016年8月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。