話題沸騰の女医Dr.まあやさんの素顔に迫る! 脳外科医とファッションデザイナーを両立

話題沸騰の女医Dr.まあやさんの素顔に迫る! 脳外科医とファッションデザイナーを両立
「Dr.まあやさん」こと脳外科医の折居麻綾さん

 テレビ番組『家、ついて行っていいですか?』(テレビ東京系)は、終電を逃した人の家を訪問させてもらうという現場チャレンジ型番組。今年6月の放映では、絵の具箱をひっくり返したようなド派手な身なりの女性が登場。この女性、折居麻綾さんが、じつは脳外科医でファッションデザイナーだったことから、ネット上で話題騒然となった。12月17日から個展を開く、話題の女医にインタビューした。

自分の死ぬ姿が見えたとき、ファッションデザイナーになろうと決心

 「自分の人生の終わりが見えたのです。死ぬ瞬間が想像できてしまったのです」
と、「Drまあや」こと折居麻綾さんは、34歳でファッションデザイナーを目指そうと決めたときのことを、こう振り返る。当時、折居さんは、脳外科専門医として医局で働きながら大学院に通っていた。しかし、脳外科の中のどの分野を極めていけばよいのか悩んでいたという。そのとき、頭の中に、自分の未来がいとも簡単に描けてしまった。

 「脳外科の専門医として、病院を転々として、ある病院で定年を迎える。その後は、その病院の近くの老人施設の施設長になります。私は、近くのマンンションに住んでいるのですが、ある日孤独死するのです。施設の職員の人たちが『今日、先生来ないね。どうしたんだろう』と言い出して、事務局長が警察立会いのもとに、マンションのドアを開けると、私が死んでいる。という光景がまざまざと見えました」
 
 いささかエキセントリックな想像だが、医師のキャリアが、勤務医か開業医か、そしてわずかの研究者かの3種類に限定されるのは確かだ。安定しているとも言えるが、レールから外れようがないともいえる。日本の医師の生涯キャリアパスは選択肢がそれほど多いとはいえない。それが女性であればなおさらだ。

 「医師の大半は、国家試験に合格して医者になった時点で人生の7割に満足していると思います。日本の医師は、自分が進む専門分野の希望が通りやすいこともあって、満足度は高いのです」とも。
 
 しかし折居さんは、違った。34歳でキャリアに悩んでいたとき、電車の中で、専門学校の「海外芸術大学留学科オープンキャンパス」のポスターを見て決心する。「ファッションデザインの勉強をしてみよう。新たな道に進もう!」

人間ならではの臓器「脳」に魅せられて

 岩手県北上市で育った折居さんは、祖父が開業医だったこともあり、小さい頃から医者になるように言われて育ち、岩手医科大学に現役合格した。
「受験勉強をしていた高校生のときに思ったのです。他に何かやりたければ、まず医者になってからやればいいと。逆は難しいから」

 そして晴れて医学生となり、1年生のときに脳外科医を目指すことを決意した。
「脳外科手術のビデオを見て、感動しました。『これだ! 脳外科医になろう』と。脳は高次機能を持つ、人間にとって極めて重要な臓器であることも惹かれた理由ですね」

  しかし、脳外科は女医の少ない男性社会だ。国家試験に無事合格し、就職先を求めて訪れた東京の国立病院では、門前払いをくらった。
「男ばかりのところに、女が来ると面倒くさい、という感じでした」
 
 ところが次に訪れた慶応病院は違った。
 「世界的名医である河瀬斌(たけし)教授は、大変に手術が上手な方ですが、細かい作業を必要とする脳外科は、むしろ女性のほうが向いているとおっしゃってくださいました」

 河瀬教授から推薦状をもらい慶応病院の医局に就職。朝6時に出勤し、帰宅は午前1時という日々が始まった。さらに地方病院への出向、レジデント(研修医)、チーフレジデントと激務の時を過ごし、脳外科の専門医としての資格をとる。

 「資格をとるまでの最初の7年間は、本当に辛かったですね」
 着々と脳外科医のキャリアを歩み始めたかに見えたが、34歳のとき、ファッションデザイナーを目指すことを決心した。破門覚悟で、医局に申し出たところ、寛大にも「行ってこい」と送り出してもらえたという。

 留学資金を貯めるために、当直医のアルバイトをしながら、1年間外国語専門学校に通学。そして少女時代からあこがれていた、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズに入学する。世界三大ファッション大学のひとつだ。基礎クラスで1年学んだあと、ファッションデザインクラスを狙ったが難しかった。ビザのトラブルもあって帰国する。2012年37歳のことだ。

下積みアシスタントも黙々とこなす

 帰国後は、慶応大学の関連病院などで脳外科医として週4日働き、週3日はファッションデザインにあてているが、かなりのハードスケジュールだ。
 「医者の仕事は、金曜日に東京を発って北海道釧路市の病院で土曜から月曜の朝まで2連泊勤務。その後、羽田から神奈川県藤沢市の病院へ直行して、日中は外来をしてその夜当直という感じです」
 
 さらに、篠原ともえのスタイリストとして有名な大園蓮珠氏のアシスタントを2年あまりつとめた。40歳近くになって、下働きのアシスタントをするのは、並大抵のことではないが、折居さんはサラリと言う。
 「自分がやりたいことのためなので、やらざるを得ません。下積みをせずに上に行く人も増えていますが、それは卓越した能力がある人たちです」
 
 現在の、脳外科医とファッションデザイナーを両立させている状態については、こう分析する。
 「医者だけやっていると医者の嫌な部分が見えてしまいます。デザイナーにも厳しい部分が多くあります。両方やるから、医者の良い面、デザイナーの良い面が見えてきます」
 
 とはいえ、ファンションデザイナーの道は、まだ踏み出したばかりだ。
 「とにかく作り続けることだと思っています。作り続けていれば、気づいてもらえる。そして10年後も、脳外科医とファッションデザイナーを両立していたいですね。デザイナーとして、ロンドンやパリ、ニューヨークで作品を発表できるようになっていたいというのが目標です」
 
 最後に尊敬するデザイナーを尋ねた。
 「コムデギャルソンの川久保玲さんです。ファッションをアートととらえて、洋服であることにこだわらない、洋服である必要がない、と自由な発想が素晴らしいと思います」
 
 川久保氏も、大手企業の宣伝部という異分野からファッションの世界に転じている。医師としてのキャリアパスを飛び出し、まったく新しい生き方を力強く模索する折居さんにとって、自らを重ねる部分が大きいのかもしれない。10年後が楽しみである。

●Drまあやの個展「カラフルデブの修練」が開催されます!
2015年12月17日~20日
レンタルスペース さくら 原宿竹下口 2F
渋谷区千駄ヶ谷3-54-8
http://www.sakura-nakameguro-bali.com/harajyuku.htm
(取材・文=増澤曜子)

あわせて読みたい

ヘルスプレスの記事をもっと見る 2015年12月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。