夏目雅子「急性骨髄性白血病」が奪った27歳の命 闘病わずか7ヶ月で夭逝

夏目雅子「急性骨髄性白血病」が奪った27歳の命 闘病わずか7ヶ月で夭逝
画像は夏目雅子伝刊行会・編集『夏目雅子―27年のいのちを訪ねて』(まどか出版)より

 有史以来、不治の病と恐れられ、おびただしい人命が侵された「血液のがん」である白血病――。

 歌手の本田美奈子(享年38)、漫才師カンニングの中島忠幸(享年35)、プロ野球選手の大豊泰昭(享年51)など、克服できなかった人は少なくない。闘病の末、女優の吉井怜や俳優の渡辺謙のように復帰できた人もいるが、病魔の黒い手は、あの清冽な微笑すらも容赦なく葬り去っていく。

夏目雅子、急性骨髄性白血病が奪った27歳の命

 1985(昭和60)年9月11日午前10時16分、夏目雅子は、抗がん剤の副作用による肺炎を併発し、急性骨髄性白血病(AML)のため、慶應義塾大学病院で急逝する。享年27。

 その死は、あまりにも若すぎる。何が起きたのか?

 急死の7ヶ月前の2月14日。夏目は、舞台『愚かな女』の公演中に10円玉大の口内炎、頭部の激痛、極度の虚脱感に突如襲われる。「這ってでも舞台に戻るわ!」――。共演の西岡徳馬が押しとどめ、翌2月15日に慶應義塾大学病院に緊急入院。血液専門医が白血病を疑い、骨髄検査と遺伝子検査を行ったところ、急性骨髄性白血病(AML)が発覚する。

 女優になることを頑なに反対し続けた母・小達スエが書き下ろした『ふたりの雅子』(2006年/講談社)によると、夏目の幼なじみの「明ちゃん」も闘病の末に白血病で夭逝したため、白血病である事実は伏せられ、主治医は「極度の貧血」と告げている。

 夫・伊集院静は、母・スエと共に看病に当たる。母・スエは、入院後に初めて娘が出演する映画を観てひたすら感涙。「内気だったあんたがね~」と横たわる娘をひしひしと見つめる。抗がん剤の副作用による脱毛に悩み、苦痛を舐めていた夏目。

 はにかみながら笑みを返し、母の心労を労おうと白くか細い手を重ねる。「髪の毛くらい、いいわ。私、三蔵法師の時、とっても素敵だったのよ」と気丈に笑う。

 主治医らによれば、復調の兆しは見えていたものの、1~2回目の抗がん剤治療の時に、脱毛を恐れた夏目は、副作用の弱い抗がん剤を選ぶ。その直後の8月下旬頃、断続的な高熱を発し、病態は一進一退のまま。だが、9月9日、著しい高熱が下がらず意識不明の重体に。昏睡のまま不帰の人となる。

 戒名は芳蓮院妙優日雅大姉(小達家菩提寺)、雅月院梨園妙薫大姉(西山家菩提寺)。遺作は『瀬戸内少年野球団』(1984年、日本ヘラルド/中井駒子 役) 。

未解明の難病「急性骨髄性白血病(AML)」の恐怖

 夏目を絶命させた「急性骨髄性白血病(acute myelogenous leukemia; AML)」は、どのような難病か?

 血液中の「赤血球」「白血球」「血小板」などの血液細胞は、骨の内部にある骨髄で血液細胞のもとになる「造血幹細胞」が増殖・分化・成熟して作られる。造血幹細胞は「骨髄系幹細胞」と「リンパ系幹細胞」に分かれる。骨髄系幹細胞からは、赤血球、血小板、白血球の一種である顆粒球や単球が作られ、リンパ系幹細胞からは、Bリンパ球、Tリンパ球、NK細胞などのリンパ球が作られる。

 急性骨髄性白血病(AML)は、血液を作る過程の未熟な血液細胞の骨髄芽球に何らかの遺伝子異常が起こると、がん化した細胞(白血病細胞)が無制限に増殖するために発症する。

 発症する原因は2つある。一つは、骨髄で白血病細胞が増加するため、造血機能が低下し、正常な血液細胞が作れないために起こる。もう一つは、白血病細胞が臓器に浸潤するために起こる。その結果、症状は、多岐に及ぶため、患者は悶絶するほどの苦痛に苛まれる。

 造血機能の障害による赤血球減少、貧血、息切れ、動悸、倦怠感、白血球減少による発熱、血小板減少によるあざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血をはじめ、白血病細胞の浸潤による肝臓や脾臓の腫れ、腹部の膨張感・腫瘤・痛み、歯ぐきの腫れ・痛み、腰痛、関節痛、頭痛などの過酷な全身疾患を伴う。

発症の明らかな原因は不明

 発症の原因は、染色体や遺伝子の異常、放射線の被曝や化学物質などだが、過去に抗がん剤治療や放射線治療後に発症する二次性白血病を除けば、明らかな原因は不明だ。発症頻度は10万人当たりおよそ2~3人。加齢とともに発症率は高まる。

 急性骨髄性白血病(AML)は、病状の進行が速いので、急に症状が出現する場合が多く、早期の診断と速やかな治療が要になる。

 ただ、夏目の死去した時よりも、現在の治療技術は進化している――。治療は抗がん剤を用いた強力な化学療法が主体だ。抗がん剤の臓器毒性や合併症に耐えられる否かを、年齢、全身状態、合併症有無などから評価し、治療方針が決定される。

 治療は「寛解導入療法」と「寛解後療法」がある。寛解導入療法は、全身に存在する白血病細胞を抗がん剤で減少させ、顕微鏡検査で白血病細胞が認められない状態(寛解)に到達させる。一方、寛解導入療法の段階では白血病細胞は残存している(微小残存病変)ため、さらに抗がん剤による化学療法を続け、残存している白血病細胞の全滅(Total cell kill)をめざすのが寛解後療法だ。

 だが、寛解後療法は、一定期間継続しても再発率は減少せず、治療に伴う有害事象が大きくなるため、「寛解後療法の回数は4回まで」だ。完全寛解の状態が5年間続けば、再発の可能性は低いとみなされる(参考:国立がん研究センター)。

 なお、夏目の主治医の診断書は確認できないため、夏目を死に追いやった真因は、軽々しく速断できない。しかし、夏目のケースような大スターであればあるほど、大手出版系雑誌などの「暴露ジャーナリズム」の扇情的な世論操作や大衆迎合によって、死因の究明は、何ら根拠のない憶測・独断・曲解に陥りやすくなる点を忘れてはならない。

 たとえば、夏目は、ドラマ『西遊記シリーズ』(1978~1979)の現地ウィグルロケに三蔵法師役で参加したが、中国政府がウィグルで核実験を繰り返し行なっていた点を根拠に、夏目が被曝したとする見解がある。

 だが、「現地ロケ中の核実験の被曝による白血病の発症」などと強弁する論調や報道は、確定的かつ医学的な論証が何らなされていないことから、全く推測の域を出ない点も強く記憶にとどめなければならない。

19歳の女優デビュー!27歳。不倫していた直木賞作家の伊集院静とゴールイン!

 夏目雅子、本名・西山雅子、旧姓・小達雅子(おだて まさこ)。1957年12月17日、東京都港区旧高樹町の日赤病院で六本木2丁目の輸入雑貨店・亀甲屋の長女として出生。小学3年生の9歳。テレビドラマ『チャコちゃんハーイ!』に大感動。「子役になりたい!」と意気込んだが、母・スエの猛反対に押し切られ、しぶしぶ断念。だが、小さな胸に芽生えた夢の蕾は萎(しぼ)まない。チャンスは巡ってくる。

 17歳。映画『ひまわり』(ヴィットリオ・デ・シーカ監督)をシネマ座で観る。ソフィア・ローレンの瞳から溢れ出る大粒の涙に引き込まれ、女優を夢見る。夢は一夜一夜、夏目を勇気づける。19歳、テレビドラマ『愛が見えますか』で盲目のヒロイン役を遂に射止め、本名の小達雅子で女優デビュー。20歳、山口銀行の広告に登場。カネボウ化粧品の「クッキーフェイス」のセクシーCMで一躍ブレイク。CMディレクターは、後に夫となる伊集院静。芸名が夏目雅子になる。

 映画『トラック野郎・男一匹桃次郎』に初主演。21歳、テレビドラマ『西遊記』で三蔵法師役を好演。以来、女優の名声を手にする。23歳。テレビドラマ『サンキュー先生』にいじめられっ子の姉役に特別出演。プロデューサーの久世光彦に推薦され、『虹子の冒険』にテレビドラマ初主演。女優の将来性を見込んだ演出家の和田勉がテレビドラマ『ザ・商社』のヒロインに大抜擢。3人の男を踏み台にのし上がるピアニスト役に挑戦。「お嬢さん女優」のイメージを覆す。

 24歳。テレビドラマ『野々村病院物語』に出演。NHK大河ドラマ『おんな太閤記』では、お市の方役を熱演。『ふたりの雅子』によると、この頃、バセドウ病の手術を行い、持病の腎盂炎の治療にも努める。25歳、『鬼龍院花子の生涯』の台詞「わては高知の侠客、鬼龍院政五郎の、鬼政の娘じゃき、なめたらいかんぜよ!」が流行語に。ヌードシーンはスタントを立てず熟演。迫真の妙技が絶賛され、ブルーリボン賞を獲得。演技派女優の地歩を一気に固める。

 26歳、NHK大河ドラマ『徳川家康』に淀君役で出演。27歳、不倫していた直木賞作家の伊集院静と結婚。『ふたりの雅子』によると、結婚前、伊集院との間にできた子を堕胎。伊集院は、二人の関係を丹念に描いた小説『乳房』で事実を赤裸々に吐露、大スキャンダルになる。母・スエは、『ふたりの雅子』の中で、内気な少女雅子の選んだ結婚は、押しかけ女房だが、伊集院との赤い糸で結ばれた幸せな時間だったと娘の健気さを静かに讃えている。

 1993(平成5)年12月、母・スエと兄・小達一雄は、雅子の遺産を元手に、がん患者に無償でかつらを貸し出す『夏目雅子ひまわり基金』を立ち上げ、がん患者の闘病生活や寛解後の社会復帰を支援している。

バックナンバー「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ヘルスプレスの記事をもっと見る 2017年9月29日の芸能総合記事
「夏目雅子「急性骨髄性白血病」が奪った27歳の命 闘病わずか7ヶ月で夭逝」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    今時、早死にする芸能人はザラじゃ、アホ。

    0
  • 匿名さん 通報

    何かのロケで中国に行った時に、中国の核実験に巻き込まれてって噂聞くけど

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「森カンナ」のニュース

次に読みたい関連記事「森カンナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「はるな愛」のニュース

次に読みたい関連記事「はるな愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダコタ・ジョンソン」のニュース

次に読みたい関連記事「ダコタ・ジョンソン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。