元祖・巨乳アイドル 堀江しのぶ~「スキルス性胃がん」の転移で訪れた23歳の別れ

元祖・巨乳アイドル 堀江しのぶ~「スキルス性胃がん」の転移で訪れた23歳の別れ
画像は写真集『堀江しのぶ 穏やかな時』(スコラ)より

 恐れを知らない。無謀で向こう見ず。それが若さの逞しさであり、脆さでもある......。だが、寝首を掻かれるような、まさかの早逝。その死が最愛の女性の美しさの絶頂期ならどうだろう? 

 迸る青春の瑞々しい生命を冒涜するように、悲報が突如降りかかったならどうだろう? 神も仏もない! と嘆息号泣するにちがいない。ましてや、嘆息する暇すら与えないほど危急に唐突に情け容赦なく「23歳の別れ」が訪れたなら......。

 1988(昭和63)年9月13日午前4時28分、堀江しのぶは、スキルス性胃がんの卵巣転移のため急逝。享年23。長くも険しい人生の道程に、ほんの数歩、恐る恐る小さな足を踏み込んだにすぎないほどの若さだ。

23歳の誕生日から26日後、「スキルス性胃がん」の転移で早逝

 22歳を迎えた頃、堀江は「もう少し細くなりたい」とダイエットを試みる。間もなく原因不明の腹痛、食欲不振が続く。ダイエットの影響だろうか? 体調不良が収まらない。

 4月8日、東京都内の病院を往診。卵巣のう腫の診断。翌9日に緊急入院。だが内実は「スキルス性胃がん」が卵巣に転移した「末期がん」の病態だった。胃壁全体が硬くなり、胃が過度に収縮し、悲鳴を上げている。しかも、6リットルもの腹水が溜まる「がん性腹膜炎」も併発。

 医師団は眉を曇らせつつも、がんの進行度は最悪のステージ4(5年生存率10%)、余命2か月の冷酷な診断。一部の週刊誌が堀江の重病をスキャンダラスに書き立てる。

 堀江の病状を慮ってなのか、落胆した家族への配慮なのか、5月に地元の中京病院(名古屋市南区)への転院が許される。晴れれば、母親といそいそと買い物に出る日も。
 
 しかし、病魔は、慈悲の片鱗を片時も見せない。猛暑の盆明けの8月18日、23歳の誕生日を病室で迎える。やさしく庇う母を見つめる娘。苦悶に耐えに耐えながら気丈に微笑むだけ。全身が重くベッドからとても起き上がれない。見舞人もさし控える。

 ほどなく容体が急変。誕生日からわずか26日後、絶命する。病名を堀江は知らない。戒名は「麗光貞忍大姉」。忍の一字が悲しげな音色を響かせる。

 つい4ヶ月前までは、誰もが羨むほどに、キラ星のように艶やかに燦然と輝いて生きている。若すぎる堀江に似つかわしくないが、鬼の霍乱(かくらん)。天を仰ぐほかない余りにも不本意な急死。惜しみ尽くせいないほどの薄命だった。

発見されにくい、進行が早い、転移しやすい、再発度が高い

 堀江をむざむざと天国に旅立たせた「スキルス性胃がん(Scirrhous gastric cancer)」を見よう。

 胃がんは、種々の原因によって胃壁の粘膜内に生じたがん細胞が無秩序に増殖するために発症する。発症すると、がん細胞は胃壁の中に入り、外側にある漿膜(しょうまく)を侵食し、やがて大腸や膵臓などに浸潤する。

 胃がんのがん細胞の組織型(細胞を顕微鏡で観察した外見)は「腺がん」が多い。がん細胞は、進行が緩やかな「分化型」と、増殖も進行も速い「未分化型」に分かれる。未分化型の典型がスキルス性胃がんだ。スキルスはギリシャ語の「skirrhos(硬い腫瘍)」の意味。スキルス性胃がんは、悪性腫瘍にみられる間質(血液、神経、膠原線維など)が多く、びまん性に(広範囲の拡散性を示して)浸潤する悪性度が著しく強いがんだ。

 つまりスキルス性胃がんは、ひと塊にならず、正常組織に染み渡るように浸潤するため、病変の表面が正常組織に覆われていたり、正常細胞が病変内に飛び石のように残る。したがって、進行すればするほど、がん細胞がびまん性に浸潤し、過度の線維化が起こるため、胃壁が厚く硬い革袋のように変質する。

 また、分化型と異なり、間質(血液、神経、膠原線維など)を破壊しながら増殖するので、上部消化管内視鏡で狭帯域光観察 (NBI) を行なっても、粘膜の表面に出現せず、病変が茶褐色に見えない(むしろ白色に見える)ことから発見が遅れやすい。

 また、進行が極めて早く、腹膜播種やリンパ節転移の頻度が高いため、治癒切除が困難になり、予後が極めて悪化する。腹膜播種は、がん細胞が臓器を超えて腹膜(胃、肝臓、膵臓、胆嚢、腸を覆う薄い半透明膜)に転移した状態だ。種が撒かれるように無秩序にバラバラと拡散するため、治療が困難を極める。

 どのような症状があるのか? 初期なら、胃の痛み・不快感・違和感、摂食障害、胸やけ、吐き気、食欲不振、体重減少などだが、自覚症状は弱い。がんの進行に伴い、上腹部の激痛や膨満感、貧血、血便・黒色便などの不快症状が現れる。

 原因は何か? 喫煙をはじめ、塩分の過剰摂取、βカロテン(野菜、果物)の摂取不足、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染のほか、糖尿病や肥満などが発症リスクを高める。

 スキルス性胃がんは、胃がんの約10%を占め、女性(20~40代)の発症が多く、特に40歳代後半以降の罹患率が高い。国内では、東北地方の日本海側で高く、南九州、沖縄で低い「東高西低」型だ。

 スキルス性胃がんの検査法は、腫瘍マーカーを測定する血液検査、内視鏡検査のほか、X線やCTによってリンパ節・肝臓・腹膜・隣接臓器などへの転移を調べる画像検査、生検などがある。

 治療法はあるのか? 標準治療は、3分の2以上の胃切除とリンパ節郭清だが、早期に発見できれば、EMR、腹腔鏡下胃局所切除、開腹による胃切除になる。がんが進行し、転移や浸潤によって切除不能の場合は、放射線療法や化学療法を用いた後に、手術を検討する。また、出血や狭窄を改善するバイパス術や部分切除などの緩和医療を行う場合もある。

 このように、スキルス性胃がんは、発見されにくい、進行が早い、転移しやすい、再発度が高いがんだ。ステージ4なら、復帰は、まず困難だろう。

予防と早期の診断・治療の重要性に気づこう!

 堀江の死因は、がん細胞がびまん性に浸潤し、腹膜播種を招いた4ステージ4(5年生存率10%)のスキルス性胃がんだった。

 ステージは、壁深達度(T分類)、リンパ節への転移(N分類)、遠隔転移の有無(M分類)の組み合わせによって決まる。堀江のスキルス性胃がんは、壁深達度(T分類)が「がん細胞が直接、他臓器に及ぶ最も深達度が高い(重篤な)T4b(SI)」、リンパ節への転移(N分類)が「領域リンパ節に7個以上の転移があるN3」、遠隔転移の有無(M分類)が「領域リンパ節以外のリンパ節転移があるM1」だったことから、ステージ4の診断となった。

 このような発症の根拠と機序に基づけば、堀江を急襲したステージ4のスキルス性胃がんの克服・生還は、ほぼ不可能だった可能性が強いと結論するほかない。

 しかし、堀江の悲劇から学ぶべき教訓がある。スキルス性胃がんの手術後の「5年生存率」だ。 ステージ1A(95%)、ステージ1B(87%)、ステージ2(70%)、ステージ3(45%)、ステーゾ4(10%)。 ステージ0期や1期は、早期がんのため、内視鏡治療や狭い領域の手術で完治が望める。2期は、手術による予後が期待できる。3期は、状況は厳しいものの、完治の可能性はある。だが、ステージ4になれば、転移が広範囲に広がった末期がんなので、完治は、まず不可能になる。
 
 これらの事実を知れば、予防と早期の診断・治療の重要性が想起されるだろう。

 特別な予防法はない。日々の食生活、栄養のバランス、塩分抑制はもちろん、適度な運動・休養、たっぷりの睡眠を気づかうほかないだろう。とりわけ20~40代の女性は、健康管理に十分に配慮したい。

呟いた最期の言葉は「社長、私、仕事がしたい」!

 堀江しのぶ(本名、同じ)。1965(昭和40)年8月18日 、愛知県清須市生まれ。血液型A型。身長162 cm、体重48 kg、BMI18.3。スリーサイズ89-59-90 cm、カップサイズE。幼少時、麻丘めぐみに憧れ、キュートなお転婆少女は、ラッキー・チャンスを瞬く間に引き寄せる。

 18歳。名古屋経済大学高蔵高等学校在学中、クラリオンガールコンテストで平凡パンチアイドル賞を受賞。イエローキャブに所属し、「ビキニ・バケーション/BOY」で歌手デビュー。デビュー後、「歌」か「モデル」か「女優」かの岐路が迫る。21歳、「最近の娘」「さよならのめまい」「風のマドリガル」「瞳で片想い」もヒット。

 22歳、TBS系ドラマ『すてきな三角関係 壁際族に花束を』で麻丘めぐみと宿願の共演を果たす。NHKドラマ『真田太平記』にも出演。『毎度おさわがせします』(TBS)で共演した板東英二や『ザ・テレビ演芸』(テレビ朝日)で共演した横山やすしに娘のように可愛がられる。

 円らな瞳、妖艶な唇、挑発的なセクシー・ボディ。男性の熱視線を浴びるや、一気に人気が過熱。ドラマやバラエティ番組でも艶かしいプロポーションやボイスを披露して大躍進。芸能界垂涎の巨乳ブーム、セクシー・アイコンの火付け役にもなる。

 映画出演は多くない。『 ザ・サムライ』(1986年、東映)、『愛しのハーフ・ムーン』(1987年、日活)、『クレイジーボーイズ』(1988年、松竹) の3本。

 しかし、堀江はグラビア撮影に精力的にこなす。豊満可憐なセクシーショットは多い。19歳の初撮り『もっと大胆に、もっとショキングに』から、『SO SEXY』『20歳のわたしをあげる』『しのぶあい』『堀江しのぶ―マドンナメイト写真集』まで9作品にグラマラスなボディを惜しげもなく見せてくれる。
 
 胸が大きい女は売れない。そんな芸能界のジンクスを打ち破り、堀江のグラマラスな魅力をキャッチフレーズに打ち出しつつ、堀江をグラビア・モデルから女優に育て上げた人物がいる。元イエローキャブの野田義治元社長だ。

 野田元社長の証言がある。堀江との出会いは、1983年7月。クラリオンガールの最終選考の20人に残った17歳の堀江に目が留まる(週刊ポスト「堀江しのぶとの破天荒な二人三脚」2016年12月9日号)。

 「過去に夏木マリさんや朝丘雪路さんのマネージャーをしたこともあって、そんな女優さんたちと共通するオーラを感じた。胸が大きいなんてまったく気づかなかった」。水着になるのを躊躇する堀江に水を向ける。「お前は海に行く時に何を着る? 水着だろ。どんな水着だ? セパレーツか。じゃあ、海に行ってビキニでやろう」

 病床を見舞った野田元社長に堀江が呟いた最期の言葉がある。

 「社長、私、仕事がしたい」

 昇天して29年。今も熟女52歳はセクシー・オーラを香水のように振り撒いているだろうか。

*参考:国立がん研究センター/『病気がみえる vol.1:消化器 』(P116~127)/『内科診断学 第2版』(P850~854)/『消化器疾患ビジュアルブック』(P72~77)/『新 病態生理できった内科学 8 消化器疾患』(P76~79)/『新撰 芸能人物事典 明治~平成』(日外アソシエーツ)/別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』ほか。

佐藤博(さとう・ひろし
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

バックナンバー「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」

あわせて読みたい

堀江しのぶのプロフィールを見る
ヘルスプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「バーブラ・ストライサンド」のニュース

次に読みたい関連記事「バーブラ・ストライサンド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「栗原小巻」のニュース

次に読みたい関連記事「栗原小巻」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。